hotheart|ほっとはぁと

若葉ケアセンター発信

若葉ケアセンター 春を間近に控えて・・・

寒中お見舞い申し上げます。

前回のブログに続き、若葉ケアセンターの石田です。

寒さの折、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

暖冬といわれる今年の冬ですが、やはり冬は冬。寒い・・・

特に朝はとっても寒いですよね!

寒さが大の苦手な私は朝からゾンビのようにやっとの思いで体を起こしていますが、苦しいんですよね(泣)

どうすれば寝覚めがシャキッとするんでしょうか・・・ご存知の方いらっしゃれば教えてほしい!!

 

ところで話は変わるのですが、睡眠時の寒さ対策として、皆さんはどのようなものをご利用でしょうか?

私はエアコンですが、ストーブや電気毛布、アンカーなどいろいろなものがあります。

 

今日お伝えしたいのは、湯たんぽなんです。

高齢者の方でも使っていらっしゃる方がいるので、先日、正しい使い方、お湯の入れ方が、事務所で話題になったので、調べてみました。

 

お湯は何度なの?  → 70度程度。

空気はしっかり抜く! → 空気が膨張して湯たんぽが膨らんでしまう。栓も安定するそうです。

湯量は1/3程度

通常皮膚から10cm程度離しておく。 →  低温やけどを予防する。

少しずつ冷めていくのが自律神経に良いそうです。

乾燥しない。 → ストーブ・エアコンなどの暖房器具と異なり、空気を乾燥させませんから、のどや皮膚を乾燥から守ります。

電気代がかからない。エコ

 

健康・環境にもよいっていうのは今どきですね。湯たんぽ侮るなかれ!

 

 

2016-02-19 | Posted in 若葉ケアセンター発信